愛犬が肥満細胞腫と診断されたら〜知っておきたい犬の肥満細胞腫〜

犬の肥満細胞腫ってどんな病気?

 

愛犬が肥満細胞腫と診断されたら〜知っておきたい犬の肥満細胞腫〜

 

何かがきっかけで愛犬の体に何かポツンとしたものを発見し、その“しこり、おでき、デキモノ、イボ、腫れ、虫刺され”のようなものを動物病院で診てもらったら肥満細胞腫と診断されてしまった。そのような飼い主さんは少なくありません。

 

獣医師から、「肥満細胞腫は肥満細胞が腫瘍化したもので、老齢の犬で多く見られる悪性度の高い皮膚腫瘍です。見た目だけでは腫瘍の種類や悪性度の判断がしにくく、再発や転移を繰り返してしまうので、予防するのが難しい病気なんです。」と説明されることが多いと思いますが、そ
                  う言われると不安で心配でたまりませんよね。

 

 

「パッと見は地味目でこじんまりとした吹き出物のようなものなのに、悪性度が高いとか、場合によっては断脚する必要があるとか、犬の肥満細胞腫ってそんなに怖い病気なの?」そんな疑問がわいてきます。このサイトでは、犬の肥満細胞腫とはどんなものであるのか解説していきますので、参考にしてくださいね。

 

 

下の目次より、順にご覧いただくとわかり易いかと思います。